センウェル・オーダード株式会社 Recruiting Site2018

ホーム先輩社員紹介戸田 裕介

日々経験を重ね、職人たちの背を追う

理系脳代表戸田 裕介
製造部製作課 ツーリンググループ
H25年6月(中途採用)
静岡理工科大学 理工学部(理系)

01仕事内容

主な仕事はボウルフィーダーの製作です。ステンレスを加工して作り上げていくのですが、加工と一言で言っても、切ったり、曲げたり、溶接したり、と様々です。
製品によって仕様が決まっている部分があるので、その仕様通りに作るということが重要です。特に、フィーダーから次の装置へは出口の高さが決まっているので、ここに関しては少しでもズレが生じることは許されません。日々細かな作業を積み重ね、ワーク(部品)の向きや角度を間違えなく配給できるよう作り上げていく、とても精度が求められる仕事です。
そのため、集中しすぎて気付けば一日全然会話しなかったな、という日も正直あったります。

02入社のきっかけ

入社のきっかけは父親からの紹介です。
転職を考えた時に、父親がゼンウェルの協力会社にいたこともあり、ゼンウェルを紹介されました。
もともと工業関係には興味があり、そのきっかけも父親が働く姿を小さい頃から見てきていたからなのですが、話をもらった時に素直にゼンウェルで働いてみたいと思い、面接を受けました。
以前働いていた会社でも工場勤務だったのですが、その時はライン作業でしたので、ゼンウェルに入り自分一人に仕事が任される環境となり、より責任感を持って仕事に取り組めています。

03仕事のやりがい

まず、個人個人にそれぞれ仕事を任されるところですね。
もちろんチームで仕事をすることの良さもあるとは思いますが、自分に任された案件で形になった時の達成感はなんともいえません。ただ、任される分大変なこともあります。ワーク(部品)を逆に供給できるようにするために、作業の中でステンレスをひっくり返すようにひねる、という工程があるのですが、ステンレスに厚みがあるとこれが本当に大変で・・。
こればかりは感覚なので教えてもらいようもなく、自分の勘のみでやるしかありません。従って、ひたすら何度も何度も自分でやってみて感覚を覚えるしかないのです。社歴に関係なく、やるべきことはやらなければいけないので。というように、この部署に関しては、やはり知識や経験が重要になってきます。
私はまだ社歴が浅く、キャリアが長い先輩との差を常に感じているので、先輩の技術を盗み、早く追い着きたいと思っています。

04週末の過ごし方

週末はだいたい学生時代の友人と飲みに行っていますね。
サッカーが好きなので、時間があればサッカー観戦をしたり、フットサルをやったりもします。会社の周りにはサッカー観戦ができる施設がたくさんあるので、よく観に行きますよ。

05現在の目標

今後の目標は、父親みたいな人になりたいですね。
今は先輩から教えてもらいながら仕事をしている部分が多く、まだまだ知識が足りません。何かあった時の対応は聞かなければ分からず、自分一人では解決ができません。一人前ではないなぁ、と感じます。
これから色々なことを吸収して、早く一人前になりたいですね。

仕事も丁寧でムラがない、きめ細かな人。

製造部製作課 ツーリンググループ平井 優樹

戸田さんは、仕事がとにかく丁寧ですね。
この部署のキャリアで言うとほとんど同期なんですが、丁寧さと繊細さは見習わないとな、と感じます。
仕事でもそれ以外でも、きめ細かで面倒見が良い人で、尊敬しています。
飲み会などでもすごく気を遣ってくれて、優しいお兄さんという感じです(笑)

後輩へのメッセージ
新社会人に向けて、何か新しいことに挑戦してみるのも良いと思います。
私は学生時代に溶接などの資格を取得したのですが、当時学んだことが仕事に活かされています。直接的に仕事に活かされなくても、就業へのモチベーションアップにもなりますし。就業してからもプラスになると思いますので、ぜひいろいろ挑戦してもらいたいですね。
もちろんゼンウェルでは、入社してからも仕事に関わるいろんな講習会などがあり、サポートしてくれるので安心してください。

ページの先頭へ