ゼンウェル オーダード

パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。製造ラインの省力化・消音化を実現します。

新着情報

  1. ゼンウェルオーダード ホーム
  2. > 新着情報
  3. > コラム
  4. >
  5. 教育とSNSと世代

コラム

教育とSNSと世代

誰も期待していないかもしれませんが、久しぶりにコラムを書こうかと思います(笑)

時事的な話題で恐縮ですが、ここ数日は町田市の都立高校の体罰問題が取り上げられております。
知らない方はあまりいないかと思いますが、都立高校の生徒がピアスを指導教員に注意され、
授業中に廊下で注意された際に殴られた動画が拡散し、メディアに取り上げられたというものです。

そして、この体罰は挑発されたものであり、拡散・炎上させ教員を辞任させようという意図が
あったのでは、としてさらに話題になっています。

これに対し、ニュース番組やワイドショーで論議が成され、「どんな状況でも体罰は良くない」
「こんな態度の生徒は殴られて当然だ」など、いろいろな意見が交わされているようです。

が、ここでは今回の体罰の是非は問いません。
なぜなら、まぁ根本的にそういう場ではないというのがあるのですが(-_-;)、
体罰は良いか悪いかで言えば「悪いこと」ですし、「この生徒にも問題がある」のも
明白だからです。

識者やコメンテーターの中には「こんな生徒は殴られて当然だ」とか、
「自分がこの子の親だったら、先生に感謝する」などとコメントしている人もいますが、
そんなことには何の意味もありません。
殴られて当然かどうかは状況を詳細に把握した当事者たちにしかわからないですし、
「自分がこの子の親だったら」は、親ではないので「たられば」は意味がないです。
きっとそういうことを言う方は、こういう事をする子には育てないのでしょうし。


今回の騒動で1つ気になったのは、「なぜこんなことになったのか」です。
私が思うに、この挑発と拡散が意図的なものであるとするならば、
誤解を恐れず一言でいってしまえば「ヒマだったから」に他ないと思います。

だって、部活などに熱中してて全国を目指してるような生徒はこんなことしてるヒマはない
と思いますし、趣味に没頭してるような子は早く帰って趣味の世界に浸りたいでしょう。
良好な友達関係がある子なら、そういう子らに相談したりストレス発散の場に出たりします。

教育という観点から見ると、「なぜこの子らはこんな行動に走るほどヒマだったのか」を
考えるべきです。
普段の学校生活や家庭環境、そして学校の生活指導も含め、学校で面白半分にこんなことをする
原因を深掘りする必要があるでしょう。


もう1つ気になったのは、教育機関や関係者は「SNSを舐めている」と思います。
自分には教壇に立っている友人が何人かいますが、そういった人と話していても感じます。
良く言えば、生徒を信じすぎているというか。

なぜ今回撮影した生徒は、授業中にもかかわらずこんなにすぐに撮影することができたの
でしょうか?

このままいけば、学校関係者は学校内のすべての言動は録音・撮影されていると思って
行動しなければならなくなります。
体罰まではいかないまでも、教育には厳しい態度や言葉が必要な場合もあるでしょう。
それらすべてを録音されたりしたら、教員は恐れて何もできなくなりますよね。

「持ってくるな」が難しいなら、スマホは朝に回収ボックスに入れさせて放課後に返却する、
授業中の使用を見つけたら有無を言わさず没収、などの手立てを講じるべきです。
(実際にそうされている学校もありますよね)

そうでなければ、教員側の権益が担保されませんよね。
スマホ携帯率やSNSの普及のスピードに、行政や教育機関が追いついていない感があります。


最後にもう1点。
こういうことが起こると、決まって「最近の若い奴らは~ 」とか、「これだからゆとり世代は...」
などという論調の方が必ず出てきます。

が。
若い人の中にもしっかりした人はもちろんいますし、昭和でも平成でもゆとりでもさとりでも、
いつの時代もどうしようもない奴はいます。
私のようなオジサン世代でも、若い頃の上司世代からは「最近の若い奴は何を考えているのか、、」
と思われていたでしょうし、最近でも27、28歳くらいの社員が、「最近の若い奴は困りますね~」
みたいなことを言っていて驚きました(笑)


長々となってしまいましたが、いつの時代でもどんな状況でも、それぞれケースバイケースですから、
その状況や個性、世相に合わせて原因を追究し解決策を考えていかないと、紋切り型のまとめ方で
お茶を濁して何となく収束させる、ということになってしまいます。

難しいことですが、会社の若手育成でも同様のことが言えますから、向き合っていく必要があると
思っています。


e595145c.jpg

PAGE TOP