センウェル・オーダード株式会社 Recruiting Site 2016

ゼンウェルブログ

ホーム ゼンウェルブログオリンピック雑感

2016.08.17 オリンピック雑感

当社もお盆休みが明け、社員は何事もなかったかのように仕事をしています(当然)。
ただ、まだお休みのメーカーさんなどもあるので、電話などは比較的静かです。


さて、昨今の話題と言えばやはりオリンピックですよね。
柔道や体操などから始まって、今は卓球や陸上・シンクロなどが盛り上がっていて、
これからレスリングが始まっていくという感じです。

寝不足の方も多いことでしょう。
個人的には女子のトライアスロンに期待しています。


オリンピックを観ていて一番思うことは、「スポーツって平和だなぁ」ということ
ですね。
もちろんこれだけの祭典ですから、ドーピング問題やリオの治安の問題などはあり
ますが、国家間のテロや相模原の施設での殺傷事件などに比べれば、本当に平和の
祭典という感じがします。

サッカーのOA枠は誰にするべきだったのか?とか、なぜ荻野をメドレーリレーのメン
バーに入れないのか?とか、ガッツポーズは相手選手の前ではやるべきではないのか?
などは、本当に平和な議論だと思います。


ただ、そんな中で個人的に
1つだけ残念に思っていることがありまして。

一部で取り上げている記事もありましたし、同様に残念に思っている人もいるかも
しれませんが、それは「選手に対するインタビュー」に関してです。


これは昔から思っていたことですが、日本人はなぜこんなにインタビューというのが
下手なのでしょうか。 

一番気になるのが、インタビューに具体性がないこと。
「良いホームランでしたね?」 「ホーム初勝利、いかがですか!?」etc. 

そもそも、文章自体が質問形にすらなっていないものもあります。
「いや~、ナイスピッチングでした!」(とだけ言ってマイクを向ける、など)

そして、求めているものは「ファンのために頑張りました」とか、「この喜びをまず、
支えてくれた家族に伝えたいです」といったような、その試合の裏にある物語とか、
ヒロイズムや浪花節。

今回のオリンピックでも、銅メダルを取った柔道の海老沼選手が「金メダルを取れず
すいません」という態度に、「
4年前と違うのは、共に歩んだ奥さまがいらっしゃると
いうことじゃないですか?」などと、本人が言ってもいない家族の話を強要に近い形
で振っていました。

アメリカのNBAなどでは、勝利したチームのMVP選手にすら、「あそこであなたが
スリーポイントを放つより、○○選手にパスしてカットインさせた方が得点の確率は
高かったと思いますが、なぜ自分でいったんですか?」というような質問を平気でしま
す。

欧州サッカーやMLBなどでも同様で、そのスポーツの技術的な話や戦術・準備段階の
話がほとんどで、努力秘話や家族の話などはほとんどありません。


そういった曖昧さやヒロイズムを露骨に嫌がったのが「イチロー」と「中田英寿」だと
思います。

特に中田英寿はインタビュアーの望んでいる回答をせず、答えたくないことは無視し、
同じことを訊かれると「あなた、話聞いてました?」と、露骨に憤慨した態度を取って
いました。

そもそも英語の「interview」も、「inter-(相互の)」「view(見解)」という意味
ですが(ちなみに「面接」も英語では
interview)、日本のインタビュアーはその見解
が全く見えない場合が多いですよね。

日本人のインタビュー下手の原因に、日本語の「主語省略」という特徴が、よく挙げら
れます。

つまり、「ハットトリック達成、どうですか?」とか、「離婚が秒読み段階と言われて
ますけど?」みたいな文章は、誰が・どう思っているのかが全くわからなくなってい
ます。

が、なんとなく伝わってしまう。それが曖昧さを生み出している原因ではないか、と
するものです。


が、根本的な原因はそこにはない気がします。

簡単に言ってしまえば、マスメディアに「このインタビューはマス(大衆)に対する
コミュニケーションとして絶対に必要なんだ!!」という危機意識がないのではない
か、という気がするのです。
誰に・何を・なぜ伝えるのか?...を考えず、ただ「そうするのが仕事だから」として
やっている感が否めません。

いや、もしかしたら日本人が皆、インタビューを必要としていなかったのかもしれま
せん。

ほぼ単一民族であり、他国と国境を接していない日本は、「この人は自分と違う人だ
から、聞かないとわからない」という意識が先天的にないので、そこから「言わなく
てもわかる」「訊かなくてもわかる」という文化が生まれているのではないでしょうか。


が、今後はそうはいきません。

スポーツの世界では、サッカーや野球・卓球などのように自国のリーグを出て他国に
身を置く選手はますます増えていきますし、スポーツに限らずとも国際折衝はますます
増え、交通は発達し、クラスや会社に外国人が増え、インターネットはさらに繋がって
いくでしょう。

「自分とは違う人」は、すぐ隣にいるのです。

そういった状況の中で、先頭を切って前を走らなければならないのは間違いなくマス
メディアの人間のはずですが、そういった意識がメディアの人間にはあるのでしょうか。


オリンピックからすっかり離れた話題になってしまいましたが、そんなことを考え
たお盆休みでした(^_^;)

インタビュー2.jpg


ゼンウェルブログ一覧へ

ページの先頭へ