ゼンウェル オーダード株式会社ゼンウェル オーダード株式会社パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。
製造ラインの省力化・消音化を実現します。

お問い合わせ

お見積り・ご質問等ございましたら、お電話・FAXでもお受けいたします。

新着情報

ゼンウェル オーダード ホーム > 新着情報 > 会社のこと。 > 「立ち会い」 真剣と真剣がぶつかる場。

2015.07.10「立ち会い」 真剣と真剣がぶつかる場。

当社は、製品を組み上げて稼働テストを繰り返し、検査OKとなって出荷する前に「立ち会い」というものを行います。

これは、簡単に説明しますと、出荷して実際にお客様の工場の生産ラインに組み込まれる前に、お客様の望む通りの仕様・構造になっているか・打ち合わせた通り仕上がっているかを、お客様に当社まで足を運んでもらいチェックしていただくのです。

設備は、どんなに簡単な構造の物でも、決して安い買い物ではありません。
ましてや大がかりな設備ともなると費用もかなりかかる場合がありますし、それが大企業様ではなく中小企業のお客様ですと、その設備が「今後のその工場の命運を分ける」ような場合もあります。

ですので、会議室の打ち合わせや設計図面上だけでの確認ではなく、実際に目で見ていただく必要があります。

稼働テストを何度も繰り返した上での立ち会いではありますが、こちらも万全の準備をして緊張感をもって臨みますし、お客様も当然真剣です。
大がかりな装置ですと場合によっては10人以上の方が確認にいらっしゃるので、汚れや騒音値、小さなキズなどにも気を遣います。
打ち合わせ通りの仕様になっていても、実際に稼働しているのを見ると、「ここはやっぱり○○じゃない方が良いね」とか、「この部分はさらに●●にできないか?」というような改善依頼が出る場合もあります。

当社はそれらすべての修正事項・改善案に対応します。

立ち会いが終わり、修正事項は残しながらもお客様から「いいね。バッチリだよ」ですとか、「実際に見るまで、本当にこのレベルで供給できるとは思わなかった。ありがとう」というようなお褒めの言葉を頂いたりすると、安堵と共に格別な嬉しさが込み上げます。
(出荷まで油断はできませんが)

ただ、立ち会いを行わない場合もあります。
それは、古くからの付き合いであるお客様や、全く同じ構造のいわゆる「リピート案件」である場合において、「ゼンウェルさんの製品だから、稼働確認をしないでも信頼しているよ」と言っていただける時です。
これは非常に嬉しいお言葉ではありますが、不具合が出るようなものは絶対に出荷できない、という大きな責任とプレッシャーが逆に伴います。


そういった信頼と責任と向き合いながら、緊張感をもって仕事に取り組むことになります。
立ち会いに来られるお客様は、北は東北から南は鹿児島まで、本当に日本中からいらっしゃいます。(時には海外からもいらっしゃいます!)

そんなお客様を失望して帰らせるわけにはいきませんので、努力と改善を日夜繰り返しながら、お客様の信頼に応えられるよう、精度の高い製品作りに励んでおります。


CIMG5179.JPG

お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽に! お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ