ゼンウェル オーダード株式会社ゼンウェル オーダード株式会社パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。
製造ラインの省力化・消音化を実現します。

お問い合わせ

お見積り・ご質問等ございましたら、お電話・FAXでもお受けいたします。

新着情報

ゼンウェル オーダード ホーム > 新着情報 > コラム > ワンクリックと想像力

2016.08.06ワンクリックと想像力

まもなく当社もお盆休みに入ります。
まだまだ猛暑が続きますが、ちょっとここでヒト休憩、リフレッシュしてまた休み明けからの
仕事も頑張っていきたい所存です。

さて、採用活動で申しますと、愛知県の上郷工場の方は無事に採用活動を終え、昨日
内定者の親睦会を行ってきました。

正式内定は10月ですので、現段階では人数や男女比などは伏せておきますが、まぁ採用
計画通りの人数・人材を採用することができました。

本社におきましては、最終の説明会に来てくれた学生たちが、最終選考を受けている段階
ですので、予定通りいけばお盆休み明けくらいには、当社の採用活動も終れるのではない
かという見通しです。


さて、今日は最近ちょっと気になっていることについて。

3月のオープンから、おかげ様で多くの学生に当社の説明会や選考にお越し頂いてきま
したが、全体としての母集団の増大に伴って、残念ながら説明会・選考のドタキャン(連絡
なしのキャンセル)や当日キャンセルなども比例して増えたなぁという印象です。

そしてその傾向として、3月から6月くらいまではほとんどゼロと言ってもいいくらいなかった
のですが、
7月くらいから増加し始めました。

こちらの推測として、就職活動も終盤となり、周りにも内定をもらった友人なども増えてきて
焦った就活生が、なりふり構わずいろんな企業の説明会や選考会にエントリーし、身動きが
とれなくなったり忘れてしまったりして、ドタキャンなどに繋がっているのかな、と。

そしてもう1つは、これはちょっと邪推にも近いかもしれませんが、「学生の質」の問題もある
のではないか、と思っております。

偏見は持ちたくないのですが、いわゆる「高レベルの大学の学生」のドタキャン・直前キャン
セルは今年に限らずほとんどありません。
そしてもう1つ、3月以前から活発に活動をされている就活生は、同じ大学でもやはり意識が
かなり高い学生が多いので、
3月や4月のドタキャンなどはほとんどないのかな、と分析して
おります。

そこらへんは、意識以外にも「スケジュール管理能力」というところで違いが出てくるのかな、
と思います。


昨今は、就活サイトなどから「ワンクリック」で説明会や選考のエントリー・予約ができてしま
います。
電話やメールなど面倒な手間をかけることなく、本当にワンクリック・スマホで言えば「1ポチ」
で終了です。

その、良くも悪くも利便性の高いことが、ひいては簡単なキャンセル・そして予約忘れに繋がっ
ているのではないでしょうか。
(キャンセルももちろんワンクリックです)

もちろん、9割以上の学生は問題なく来社されますし、早めの連絡をくださいます。
では、それらができない人は何が違うのか?・・というと、それは「想像力」ではないか、と思う
のです。

例えば会社説明会で申しますと、当社のような中小企業ですと学生が2~3人でも説明会を
行いますし、場合によってはお一人でも行います。

そして、説明会を行うとなれば、採用担当者1名のみならず、見学時の説明者や、座談会に
出席してもらうための若手社員数人のスケジュールなども空けてもらい、調整します。
会議室もおさえ、プロジェクターやパンフレット、ノベルティ、アンケート用紙・・などなど、諸々の
手配をします。

つまり、1人でも学生が来るというだけで、複数人の社員が動き、予定を調整し、設備の手配
などもしているのです。それなりの労力・時間・お金がかかっている、ということです。

推測するに、学生側からすると、数十人の学生が参加する説明会をイメージし、「自分1人くらい
が行かなくても・・・」という思いが働いているのではないかと思います。

そこで、「もしかして、自分が行かなければ多くの人に迷惑がかかるのでは・・」と思えないのは、
それは「想像力の欠如」です。

こういう学生は、面接などでも、よく聞かれるであろうオーソドックスな質問をすると流暢に回答
しますが、ちょっと変化球の質問をするとすぐにシドロモドロになり言葉に詰まります。


こういった「想像力の欠如」から発生する、ワンクリックからの問題というのは、就職活動以外
でもよく見受けられます。

一時期よく問題になっていた、店舗などのアルバイト社員が店舗内の冷蔵庫に入った写真を
SNSでアップしたり、接客業の人が「今日お店に芸能人の○○がきた~~」と呟いたりという
のが相次ぎましたが、あれらはまさに「自分のワンクリックがどういった影響を及ぼすのか」と
いうことに対する、想像力の欠如ですよね。

SNS上の炎上やトラブルのほとんどが、こういった想像力の欠如・言い換えれば「浅はかさ」が
引き起こした問題と言えます。


今の中高生などは、生まれた時からインターネット当たり前という時代でしたし、今の小学生
などにおいては生まれた時からスマホがある時代ですので、より一層「自分のワンクリック」の
影響力などに対する意識が軽い世代になってくると思います。

せめて我々大人たちは、自分のワンクリック・ワンポチが、「その先どこに繋がっていくのか?」
ということをしっかりと意識し、想像力を働かせながら、日々生活していく必要と責務があると
思います。


ワンクリック.jpg


お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽に! お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ