ゼンウェル オーダード株式会社ゼンウェル オーダード株式会社パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。
製造ラインの省力化・消音化を実現します。

お問い合わせ

お見積り・ご質問等ございましたら、お電話・FAXでもお受けいたします。

新着情報

ゼンウェル オーダード ホーム > 新着情報 > コラム > 社会人。

2015.06.12社会人。

突然ですが、当社にまつわる話や就活生に関係する話をコラムとして不定期に掲載してみようかな、と思っております。

で、タイトルにありますが、社会人とは。

「あなたは社会人ですか?」と問われた時、迷いなく答えられるでしょうか。

おそらく、働いている人は「はい」、学生などまだ働いていない人は「いいえ」と迷わず答えられると思います。

では、

「中卒で大工見習いとして働いている16歳と、高卒だが家からほとんど出ることなく株のトレーダーとして生計を立てている20歳。研究者を目指すべく大学院で博士課程まで進んで研究している28歳。誰がより社会人でしょうか?」

...これだと、迷う人もいるのではないかと思います。

つまるところ、社会人とは何か?...ということなのですが。


私個人が勝手に思うところでは、社会人とは「どれだけ社会性を帯びているか」であり、社会とは社会制度なので、法律であったり条令であったり、慣習とか常識であったりします。

つまり、人の物を盗んではいけないだとか、スピード違反で捕まるとどのような罪で罰せられるかとか、葬儀にはどういう格好で行って香典はいくらくらい包んで何と書けば良いか、といったようなことを、どれだけ知識や経験則として知っているか、ということです。

そういった意味では、先ほどの16歳や20歳、28歳の例でいうと、働いているかどうかではなく、健康保険の手続きを自分でしているかとか、確定申告をちゃんとしているか、賃貸契約をして世帯主となって暮らしているか、自治会の集まりに参加したりしているか、、

そういった行動の蓄積で、いかに社会性が高いか(より社会人か)が分かれてくると思います。


就活生の皆さんは、まさにいま「社会」を目の当たりにしているのではないでしょうか。

スーツの選び方・着こなし、正しい挨拶・敬語、会議室の上手・下手、福利厚生、そして今まで知らなかった仕事。多くのことを学んでいる最中だと思います。

社会人.jpg
悩んだり焦ったりでなかなかしんどい就職活動だと思いますが、皆さんはそういった新たな「社会」をいろんな面から見れる時期でもあると思います。


この経験は後々に必ずや大きな財産となりますので、体調だけは気をつけて、自分が納得できる形で「会社≒社会」を選んでほしいと思います。

お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽に! お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ