ゼンウェル オーダード株式会社ゼンウェル オーダード株式会社パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。
製造ラインの省力化・消音化を実現します。

お問い合わせ

お見積り・ご質問等ございましたら、お電話・FAXでもお受けいたします。

新着情報

ゼンウェル オーダード ホーム > 新着情報 > コラム > 就職を考える

2016.02.19就職を考える

皆さん、こんにちは。

気がつけば2月も半ばを過ぎ、花粉情報も飛び交う季節となりました (;´Д`)

採用担当としては、一気に企業セミナーや説明会、就活サイト運用などの話が盛り上がってきて
おりますが、就職を迎える学生の皆さんはいかがでしょうか。

まぁ実質的にはもう就職活動は始まっていると言っていいと思いますが、就活は始まってしまえ
ば大波に漕ぎ出すように一気に忙しくなり、巻き込まれ、周りが気になり、焦りを感じ、、、
という状況になってしまうと思います。

そうなる前に、大海原に漕ぎ出す前に、まずは装備や食料はきちんとあるか・方向はあっている
のか・コンパスはあるのか・悪天候時の対策は考えているか・そして何より『なぜ航海に出るの
か』をしっかり明確化しておく必要があります。

そのタイミングは今しかありません。


就職は、「絶対にしなければならない」ものではありません。
今のご時世、卒業してすぐに起業する人も多いですし、株やFXなどで生計を立てる人もいます。
フリーランスでクリエイターやアーティスト、アスリートなどで生きていくこともできます。
オススメはしませんが、ニートや引きこもりとして親の財産を食い潰して生きていくことも、
できなくはありません。

そんな中で、なぜあなたは「就職」するのか。

そして、就職の中でも公務員試験を受けたり、行政書士や社労士になって開業するといったよう
な方向ではなく、なぜ「民間企業に就職」するのか。


企業に入り、あまり残業なく
18時間働くとして、それをざっくり40年ほど勤めるとすれば、
そのうちの三分の一・
13年分くらいを会社で過ごすのです。
それだけの時間を過ごす"場"の選定を、「なんとなく」で決めて良いはずがありません。

就職を、「周りもみんなするから」とか、「大学を出たら進学か就職をするものだから」という
ような考えで就活をしてしまうと、入社してからの「壁」や「困難」に立ち向かえなくなります。

「生きていく上で金を稼ぐ必要があるから」
「やりがいのあることをしたいから」
「グローバルに活躍したいから」
「大きなお金を動かしたい」

・・・など、考え方はいろいろあると思います。

まずはその根幹となる考え方をはっきりさせておかないと、就活を始めてから必ずブレが生じます。
始まってからそこを立て直そうと思っても、エントリーシートを書いたり説明会に出席したり面接
の対策をしたり学校に報告に行ったり。。。

やることは山積みで、落ち着いて考える余裕はなくなってくるでしょう。


ですので、今こそ。今こそです。

「小学校から中学校へ、中学から高校へ」上がるように、「そうすることになっているから」就職
するのではなく、
「なぜ就職するのか」「なぜ独立や公務員ではなく民間企業なのか」「なぜその
企業を志望したいのか」ということを、自分の中で明確にしておく必要があるでしょう。

それがきちんとできていた人だけが、納得できる形で就職活動を終わらせることができるのです。

荒波に向かう不安はあるかと思いますが、体調管理だけはしっかりと・ポジティブに・頑張って
くださいね!!

無題.jpg

お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽に! お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ