ゼンウェル オーダード株式会社ゼンウェル オーダード株式会社パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。
製造ラインの省力化・消音化を実現します。

お問い合わせ

お見積り・ご質問等ございましたら、お電話・FAXでもお受けいたします。

新着情報

ゼンウェル オーダード ホーム > 新着情報 > コラム > 未来は誰のものか。

2015.09.16未来は誰のものか。

昨日、参院の特別委員会で安保法案に関する中央公聴会が開かれ、6人の参考人が意見を
述べました。

その中で、学生団体「SEALDs」の奥田愛基さんの公述がいろいろな場のニュースで取り上げ
られていた
ので、目にされた方も多いかと思います。

安保法案に関してはもちろんいろいろ思うところがありますが、賛成・反対など個人的な政治に
関する
意見はここでは控えるとして、この公述には多分に思うところがありました。


まず、このスピーチは非常に良くできたものであったな、というのが一番の感想です。

興味のある方は、新聞やインターネットなどでその全文が公開されているのでぜひご覧いただき
たいと思
うのですが、その文章構成は非常に理路整然としており、感情に訴えつつも常に冷静で
理論だった
筋道で展開されていました。

改めて言いますが、安保法案に反対という立場に賛同しているワケではありません。

学生運動を長らくやってはいるのだと思いますが、イチ学生が国を統治している政治家たちを
前に、日本中で放送させる中継で流れる中、緊張はしていたものの素晴らしい文章を用意し、
熱意のこもった公述をされたな、という感想です。

読んでいただければわかりますが、文章は中学生から老人までわかりやすい平易な文体で、
その
平易さを保ったまま政治家たちに心意を訴える構成になっていましたし、自分は大きな
団体を代表
して来ているのではなく、あくまで1人の日本人として・個人でこの場に立っている、
というスタンスで臨
んでいたのが、個人的には心を打たれました。

相手に対する怒りだけではなくリスペクトを入れている点も、よく練られているなと思いました。

まさにTPO、時・タイミングと場所と機会をしっかりわきまえた上での公述だったとも思います。
この、反対のムーブメントが高まっているタイミングで、国会という日本中で中継される場所で、
団体を代表して公述する機会を、個人としての姿勢とバランスを取りながら訴えかける、洗練
されたものでした。

大きなところに属していたり、その権力を持っていると、自分がその構成要素の1つだという
ことを忘れて
しまいがちになります。

「政治家と/ 国民」というように、分断された考えを持ってしまいがちで、民はつい「国が決めた
ことだから」とか、「だいたい政治家たちは~」などと言ってしまいがちですが、
「国」とは国民で
あり、それを構成している自分です。「政治家」は自分たちが選んだ「"国民"の代表」です。

これは会社などでも言えることで、「会社が決めたことだからな」とか、「上が言ってることだし」
ということをつい言ってしまいがちですが、会社とは"人"であり、ひいては自分なのです。

そういった、「自分は当事者なのだ」という点で、この公述は素晴らしいものだったと思います。

ネットでは、賛同の声もあれば批判の声もあります。

批判している人は、彼のバックボーンや所属団体のエピソードや噂話を引っ張り出して突いた
り、野党に利用されているだけだ、などと言っていますが、内容はどうあれ、それに対する賛否は
どうあれ、彼(ら)は意志を持って動き、それが形を持って意義を成し、この国会の場で意見でき
るところまで進んだ、という点だけでも、称賛に価すると個人的には思います。


以前も書かせてもらいましたが、大学生はたかが学生・されど学生です。

いろんな人の協力や後ろ盾があったとしても、意志を持って動けば学生でもここまですることが
できます。


大学生の皆さん。

もちろん誰彼構わずデモを起こせとか、政治活動をしろ、なんてことは言いません。
もっと小さなことでも構いませんし、個人的な趣味のようなことでも構わないと思います。

自分の置かれている立場を冷静に分析し、今できること・今しかできないことを考えて、意志を
持って未来を見据え動いてみてはいかがでしょうか。

きっと、今しかできない・自分にしかできなことが見えてくると思いますよ。

そして意志を持って動き出せば、この奥田愛基さんのように、周りにパワーを与えることが
できるかもしれません。

有意義な日々をお過ごしくださいね。

われわれ世代も、若者に負けていられません (^^

※ 繰り返しになりますが、あくまで彼の姿勢に対する意見であり、政治的賛否を語るものでは
   ありません。


国会と子供.jpg

お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽に! お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ