ゼンウェル オーダード株式会社ゼンウェル オーダード株式会社パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。
製造ラインの省力化・消音化を実現します。

お問い合わせ

お見積り・ご質問等ございましたら、お電話・FAXでもお受けいたします。

新着情報

ゼンウェル オーダード ホーム > 新着情報 > コラム > 君死にたもうことなかれ。

2015.09.01君死にたもうことなかれ。

9月に入りました。

天気は不安定な日々が続いていますが、だいぶ涼しくなってきましたね。
当社もエアコンをつけない日が出てきました。



季節の変わり目、久しぶりのコラムなのに暗い話題で恐縮ですが。。。
今日91日は1年で最も自殺者の多い日、というのが話題になっていましたね。

主に若い方ですが、新学期が始まるということで憂鬱になり、それを発端に...という
のが大きな要因だと思いますが。。

人間は、あらゆる生物の中で唯一「自らの命を絶つ=自殺」する生物です。

そしてその中で、日本は年間3万人の自殺者がいる国で(遺書のない死は"変死"扱い
になるので、実際の数は数倍と言われている)、20代の死因トップが自殺なのは先進国
で日本だけです。
平均すると、1日に82人の方が自殺していることになります。

高校生くらいの頃、「まぁ自殺は殺人などの犯罪に比べれば人に迷惑掛けるわけじゃ
ないからなぁ
...」と考えた時期もありました。が、ある作家のエッセイに、
「自殺は、周囲を逃げ場のない哀しみに突き落とし、生きる人間のパワーを奪うという
点で、何よりも罪が重い」と書かれていました。

それ以来、いかに日々を楽しく生きていくか、ということに邁進できるよう、毎日を
過ごしているつもりです。


自殺に対する対策やいじめ問題、教育問題などもいろいろ論じられています。
自殺対策の法律を立案したり、教育現場を整理することももちろん大事なことだとは
思いますが。

きっといま最も必要なのは、人生はどれだけ生きる価値があるか、俗に言えば世の中は
どれだけ楽しい事に溢れているかということを、親や教師をはじめとした我々先達の
人間が指南することではないでしょうか。

日々を楽しく過ごしていない人間のいうことなんて聞く価値がないということに、子供や
若者たちは気づき始めていますよね。
いかに「自殺は良くないです!」と叫んだって、その人が充実した日々を生きていなけ
れば、その声は届きません。

いじめ・教育問題や労働環境問題に興味を持ち意見することはもちろん大切なことです
が、年間3万人の自殺という大きな大きな暗雲に、1人の人間ができることはたかが知れ
ています。

大それた対策なんてなかなか思いつきません。
が、毎日の仕事(や学校)を充実させ、スポーツに汗を流し、映画や小説や音楽に没頭し、
友人と語らい、日々を笑って過ごすことができれば、あなたの周りにある"小さな陰鬱"を
1つ吹き飛ばすことができるかもしれません。

11人がそんな毎日を送れるようになるなら、それは自殺の少ない素晴らしい世の中に
近づいていく・・・かもしれませんよ。

 

当社にも就活にも全く関係ないコラムになってしまいました。。。(-_-;)
失礼しました!


top.jpg

お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽に! お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ