ゼンウェル オーダード株式会社ゼンウェル オーダード株式会社パーツフィーダーをコアにした設備のトータルソリューション。
製造ラインの省力化・消音化を実現します。

お問い合わせ

お見積り・ご質問等ございましたら、お電話・FAXでもお受けいたします。

新着情報

ゼンウェル オーダード ホーム > 新着情報 > コラム > 大きく考える

2017.05.01大きく考える

5月になって過ごしやすい気温になってきましたね。

私は今年入社した新入社員なのですが、「もう1ヶ月が経ったのか」と驚いています。ついこの間まで学生で、就職活動をしていたはずなのに・・・・・。


私は就活に苦労しました。何通も送られてくる不採用通知は拒絶されたかのようで、自分に自信をなくし「どうせ次の選考も受からない」、と思うようになりました。


そんな時、大学の講義で購入した本がありました。
「大きく考えることの魔術 -あなたには無限の可能性がある- (著:ダビッド・J・シュワルツ)」です。
この本は「大きく考えること」に焦点を当てた本です。


「大きく考える」とはどういくことなのか。ざっくり表すと、


×「私はダメな人間だ」 → 〇「私は優秀だ」
×「私には5分しか時間が無い」 → 〇「私にはまだ5分も時間がある」
×「左手を怪我してしまった」 → 〇「右手は無傷だ」


・・・という感じです。(分かりにくかったらすみません)


なぜ「大きく考えること」が大切なのか。


人は「今日は体調が悪いから・・・」「天気が良くないから・・・」と、何かと言い訳を探し、自分で自分の身動きを取れなくしてしまいがちなのだそうです。


この本の中に、" 人生で成功できるかどうかはものごとを大きく考えることができるかどうかで決まる " という一文があります。
不思議なのですが、人は思えばその通りの存在になることができるのです。


その為には、行動を起すことが大事です。


行動を起こす為には、「大きく」考えることが大事です。



終わりの見えない就活に落ち込んだ私は、「自分は何をしてもダメだ」と小さく考えてしまっていました。
その為 自己分析するなりセミナーに通うなりいくらでも成功する為のやりようはあったのに、行動に起せず、自信の無さはきっと採用担当者にも伝わってしまっていたと思います。


この本を読んだ私は自己否定や言い訳を探すのを止めてみようと思いました。
「大きく」考えることを意識し、キャリアセンターに通ったりセミナーに申し込んだりと行動を起こしました。結果、今の自分があるのだと思います。



この本は「小さく収まってはいけない。あなたには無限の可能性があるのだから」ということを教えてくれました。



今でも自信をなくしてしまうことがよくあるので、その度に読み返しています。


読書する女性.jpg

お見積り・ご質問等ございましたら、お気軽に! お問い合わせフォームへ

ページの先頭へ